貫と土壁の家

5日土曜日、本当の木造住宅を提案している同業者の益子材木さんが施工した木の家を訪問しました。
すべてに木の良さをふんだんに使用し、壁は昔ながらの土壁仕上げ。

木造1.jpg


お住まいのオーナーさんのお話も聞くことができました。
「さまざまな住宅メーカーの展示場・勉強会等々にたくさん参加して、やっとたどり着いた本物木造住宅。私たちの想いをすべてつぎ込んだ家です。」とのこと。合板類の工業製品を一切使用せず、伝統の木造在来工法。

木造3.jpg

木造5.jpg


約一年の歳月を費やして、三年前に完成したお宅です。
ご夫婦お二人の笑顔が印象的でした。
益子材木店 http://www.mottowood.com/


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

生まれ故郷のスギ
Excerpt: 先にお伝えしましたとおり、先週末から北秋田を訪ねました。上野を21時15分発の「あけぼの」に揺られること約11時間、JR奥羽本線二ツ井駅に降り立ちます。季節柄、降雪での列車の遅れを心配していました。が..
Weblog: つれづれ帖
Tracked: 2015-09-07 08:36

小林さんちの家造り
Excerpt: 昨年2010年02月06日、北茨城市華川地区で行われた弊会森林見学会での集合写真です。写真中央の最前列、伐倒したスギの丸太左側におられるのが、この山林の所有者である宇佐美産業社長の宇佐美正昭(うさみま..
Weblog: つれづれ帖
Tracked: 2015-09-07 08:45