墨田区銘品名店会

「かど家」さんに訪れました。創業が文久2年とおよそ150年ののれんを誇る老舗です。JR両国駅東口から徒歩10分程度の距離にあり、池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」に出てくる軍鶏鍋屋「五鉄」のモデルとなった店として有名なお店です。
c0187004_18481273.jpg

P014846953_238.jpg

このお部屋は、池波正太郎さんおすすめのお部屋だそうです。
IMG_0974.jpg

創業以来の名物であるしゃも鍋は別格として、しゃもの八丁味噌仕立ての味噌煮もかどやの看板メニューとなっています。今回は名物しゃも鍋スープ煮コース。専属の品のある仲居さんがすべてを取り仕切っていただけます。軍鶏の心地よい食感と臭みのない肉の味、見事な逸品です。まさに伝統に培われた味そのもの。
ごあいさついただいた六代目の女将さんの上品さと相まって、素晴らしいひと時を過ごしてまいりました。
posted by 桧松 杉造 (ヒノマツ スギゾウ) at 08:11千葉 Comment(0)TrackBack(0)日記

ベンツ

越谷レイクタウンでギラギラのベンツに出会いました。
image-ce6ce.jpeg
こんな車、絶対乗れない。

木の塀

当社にて施工していました、地元の神社の駐車場の木塀が完成いたしました。
IMG_0968.jpg

土台・桧(紀州材)、柱・桧、敷居鴨居(吉野材)、板・杉(天然秋田杉材)、額縁ヒバ材を使っての木塀です。屋根は杉板(静岡材)を野地板にして仕上げは銅板一文字葺きという本格的なものとなりました。
もちろん化粧ブロックの塀も検討したようですが、そこは神社、やはり木の塀が似合います。