浅草・酉の市

恒例の浅草、鷲神社の酉の市に赴きました。
十一月酉の日の午前零時に打ち鳴らされる「一番太鼓」を合図に始まり、終日お祭が執り行われます。十一月に酉の日が二回ある時は二の酉、三回は三の酉といわれます。今年は三の酉。酉の市(酉の祭)は、鷲神社御祭神の御神慮を伺い、御神恩に感謝して、来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁昌をお祈りするお祭です。(HPより引用)
IMG_0711.jpg

縁起物の熊手も色々の種類があり、時代とともに形も飾り物も変わってきています。江戸中期より天保初年頃までは柄の長い実用品の熊手におかめの面と四手をつけたものでした。その後色々な縁起物をつけ今の様な宝船、平、桧扇、文化、みの、御所車など多くの種類となり、毎年流行を取り入れた熊手も話題を呼びます。
熊手でお金を集める(かっぱく)とも言われているようです。
IMG_0712.jpg

境内の各熊手店のいたるところに、有名大企業や芸能人の売約済みの張り紙が所狭しと下がっています。多くの皆さんが今年の無事に感謝し、来年の商売繁昌に願いを「熊手」に込めます。
購入の交渉成立とともに、熊手店の店頭で周りの人を巻き込んで商売繁昌への豪快な手拍子「シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャンシャン」2016年申年、いい一年でありますように。