建築金物

筋違金物とホールダウン金物
今やどんな建物でも当然使用しなければならない金物です。
(もちろんこの金物だけでなく、かなりの種類と数の金物がつかわれていますが)
現在の建物は金物に頼りすぎるという見解をお持ちの方もいらっしゃるとは思います。もちろん伝統的な工法である木造在来工法において、現在の建物はどこまで金物に頼るのか?意見の分かれるところです。
しかし、建基法上現在では絶対と言ってもいい位使用せざるお得ないのが実情ではないでしょうか。
金物1.jpg

阪神淡路大震災以降、土台から柱が引き抜かれることを防止する意味でのホールダウン金物、そしてご存知筋違金物。私はあくまでこのような金物は、確固たる大工さん仕事内容に裏付けされた上での、補強としてとらえたいと思ってます。金物に頼るのではなく、金物が無くても地震等に耐えうる技術で建てられた家の補強として存在するような位置づけであってほしいものです。
それにしても筋違金物は多くのビスが使用されていて、材料そのものがかわいそうな気がしてなりません。
金物2.jpg